アクセスマップ  お問い合わせ  スタッフ募集  施設案内 
 トップページ > ブレストセンター
 日本女性の乳がん発生率は比較的少ないとされてきましたが、食生活やライフスタイルの多様化に伴い、乳がん発生率が年々増えており、現在、女性のかかるがんの一位となりました。今まで、上位を占めていた胃がん・子宮がんが早期発見・早期治療により著しく減少したことが考えられます。乳がんの発生は20代からで、20代後半から増加して、40代の女性がピークとされています。20代から「乳がん要注意期」なのです。20代でも気になる症状がある場合には、専門の医療機関で検査が必要です。女性で乳がんが一番かかりやすいからといって、心配は御無用です。要するに胃がん・子宮がんのように乳がんも早期発見・早期治療をすれば、恐れるに足らないからです。現在、検査以外に乳がんの決定的な予防法はありません。
サイト利用のご注意  個人情報保護方針  リンク