アクセスマップ  お問い合わせ  スタッフ募集  施設案内 
 トップページ > ブレストセンター > 乳がん検診、精密検査について

すでにマスコミ等で報道されていますが、今回、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会では、乳がん検診の精度向上のため、乳がん検診の精密検査実施機関の基準を定めました。

それによりますと、乳がん検診精密検査機関になるためには、
1)原則として日本乳がん学会の乳腺専門医が常勤して診療に当たっていること。
2)マンモグラフィー検診精度管理中央委員会の施設画像評価に合格していること。
3)マンモグラフィー読影講習会を終了し、十分な読影能力を有する医師により読影されること。
4)マンモグラフィー撮影講習会を終了した診療放射線技師が撮影すること。
5)適切な超音波診断装置を有すること。
6)細胞診、針生検が可能であること。
以上の条件を満たすことが必要とされています。

当センターは乳腺専門クリニックとして、乳がん専門医、マンモグラフィー読影講習会終了、読影A評価の医師(院長)が常勤し、施設画像評価機関にも指定され、最新のマンモグラフィー、乳腺超音波設備を有しております。撮影技師も講習会終了し、読影A評価を持っている技師が撮影に当たっております。

乳がん検診による乳がん早期発見には、精密検査実施機関の基準を満たしている、乳腺専門クリニックでの診察を受けられることをお勧めします。

サイト利用のご注意  個人情報保護方針  リンク