電話するアイコン
アルシェクリニックロゴ

お問い合わせ・ご相談

電話番号048-640-6561

鼠径ヘルニア外来

院内イメージ

鼠径ヘルニア外来のご案内

鼠径ヘルニアとは

「鼠径ヘルニア」(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの小腸などの一部が、ももの付け根(鼠径部といいます)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。乳幼児から高齢者まで幅広く分布しますが、特にももの付け根の筋膜が弱くなる40 歳以上の男性に多く起こる傾向があります。【下図 1】

初期のころは、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきてやわらかい腫れができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。鼠径部に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。腫れが急に硬くなったり、押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアの「カントン」といい、急いで手術をしなければ命にかかわることになります。【上図 2】

チェックしてみましょう!

  • 思い荷物を持つ仕事が多い
  • 下腹部に重苦しさがある
  • 腹部に腫れがありときどき痛む
  • 立っているときなど腹部○(右図参照)に腫れができている
  • 入浴しているときに足の付け根に腫れができている
  • 足の付け根あたりにふくらみが感じられる
  • 上から見下ろして腹部・足の付け根あたりに左右のふくらみの違いがある

治療法

ヘルニアは自然には治りません。カントンを起こす前に手術をすれば簡単に治ります。

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術
ヘルニアの脱出する穴にメッシュ・シートを用いて塞ぎます。メッシュ・シートは内視鏡を用いて穴の部分に当てますので、鼠径部に切開を加える必要がありません。傷の痛みも少なく、美容的にも良好です。

腹腔鏡下手術では、従来から行われているお腹を切開する開腹手術と異なり、まずお腹に3mm から5mm の小さな穴を3ヵ所程度あけます。そのうちの1つの穴から腹腔鏡を入れてお腹の中を映します。その像をテレビモニタで観察してヘルニアの場所を見つけ、別の穴から入れた手術器具を操作して患部の治療をします。

診察受付時間

毎週月曜日 9:30〜11:30
※診察は予約制となりますので、事前にご連絡ください。
予約用電話 048-788-2489
(電話対応時間 月~金曜日 8:30~16:30)

担当医 院長 坂本嗣郎

  • 2000例の手術実績あり
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本ヘルニア学会会員
院長 坂本嗣郎
院長 坂本嗣郎